回顧

回顧/7月18日/19日

逃がした魚は大きい。

今週末は、ストック馬が多く出走してきましたが、ピックアップがら漏れた馬達に激走されてしまいショックが大きかったです。

ただ、土曜日の午前中に既に推奨馬が好走してくれた事が幸いし、まあまあ日曜日には余裕をもって楽しむ事が出来ました。

もっと、上手にまとめられるようにがんばりマス!

7月18日(土)回顧

鞍上も絶好調で、人気薄でも関係なし。

福島3R②ミストラルウインドは、前走の内枠発送の経験が生きたのかもしれませんね。今走も終始埒沿いの経済コースを周って直線を向いて、最後の一伸びでクビ差勝ちきってくれました。

6番人気・単勝20.6倍ですから、今週は私にとってはもうこれで十分な成績となりました。

福島ダート1700mは、内が走りやすかった印象ですが、育也騎手も絶好調で10,6,12,9人気で4レースで連に絡む活躍でした。

ミストラルウインド

 

 

 

 

レースは完勝も、今後は?

函館7R ⑩グラナリーは2番人気でしたが、直前になってオッズが辛くなってしまいましたが、レースでは完勝でした。

あまり派手な勝ちっぷりですと、今後数戦は人気を背負ってしまうでしょうから仕方ないのですが、今回勝ちきってくれたレースで推奨できたので良かったと思います。

グラナリー

 

 

 

 

いわゆる2走ボケと言う、当たり障りない?言い訳

阪神11R⑩ゴルトマイスターは、レース勝ち馬の⑥ウインユニファイドの直後の4番手でレース終盤へ。最後坂下では先行していた馬を捉えるどころか失速してしまい0.9秒差6着でした。

ゲート直後は、躓き気味にスタートしましたが、これが敗因ではないと思います。

阪神へ輸送があってのプラス体重でしたし、長期休養明けを好走した反動と思いたいですね。

初重賞制覇を期待するも

函館11R函館2歳Sでの、③ラブケリーは想定よりもかなり後ろのポジションとなってしまいましたね。

それでも、ゴール前は良く詰めてきたと思います。

このレースは、函館ウッドコースで最終追切を行っていた馬を中心に取りましたが、1着馬はダートコース追い、2着馬は芝コース追いでした。

中間の調整は殆どの馬がウッドコースには入っている訳で、次回はもう少しファクターを吟味して考察したいと思います。

⑮モンファボリが、圏外へと消えてくれたまでは良かったのですが、③ラブケリーが勝ちきってくれると予想していたので残念でした。

 

函館11R①レースガーデンは、買い時は前走だったと内心思ってはいたのですが、札幌まで待たずに函館最終週へ出走と言う意欲を買い好走を期待しました。直線2着はあるか?のように見えましたがレオンドーロにも先着されてしまいました。

レースガーデン自身は、勝ち上がった前走と同タイムで走っていますのでクラス慣れが必要でしょう。

こちらのミスで取り逃がし

阪神 12R⑮アーデンフォレストは、これで阪神芝1600mに5戦連続出走で、良馬場でなら2勝2着一回。好位から力強く抜け出してくれました。

アーデンフォレスト

 

 

7月19日(日)回顧

この日は、ストック馬が多数出走しておりました。

出来るだけ、推奨馬の見解をコメントしたいと思っていて、それには取り上げるレースチョイスが上手くいかないと、私の場合筆が進まなくなってしまうのです。(性格にはキーボードですけれども・・・)

今週は、日曜日の朝に馬場状態の情報が前日と比べてどうか?とある程度掴みたかったのでレースチョイスを土曜の夜から日曜へとスライドしてしまいました。

結果、昨日最終レース時での仕事の案件が午前に対応しなければならなくなり、日曜の朝、選択しようと思っていたストック馬の出走レースを推奨出来る時間が足りなくなってしまいました。

午前中のレースで、気になっていたストック馬を推奨出来ず2頭に激走されて、土曜日に後回しにしてしまった罰が当たりました。

土曜の夜は、我慢できずに、F1ハンガリーGPの予選も見てしまい集中も切れていました。

スタミナ馬場で、偏った展開に

 

阪神 中京記念の上位は差し・追い込み馬が4着までを占める展開でした。米子Sを逃げて勝ったスマイルカナと勝ち時計は同タイムでしたが、連続2着のラセットは今走では上り3ハロンのタイムも掛かっていましたから、スタミナよりの馬場であったのは確かでしょう。

ギルテッドミラーは、もう少し脚を溜めたかったかもしれませんね。ミッキーブリランテが最終コーナーを外から速めに仕掛けた事で先行馬には辛い展開になりました。

ミッキーブリランテは、勝ちに行く競馬で強い内容だったとは思いますが、わかりやすい位に次走高い評価を受けるでしょうから、次は人気との兼ね合いで評価したいところです。

推奨した⑧ディメンシオンですが、思ったより後方のポジションになり「却って、それが良かった」となるほど甘くは無かったですね。

暑さもあり、タフな馬場でのレースは、ダート替わりの+スタミナ、近走好調馬に気を配るべきでした。

フリーな休日とならず、仕込みも中途半端に

函館記念の⑤カウディーリョは1番人気となってしまいましたね。私を含めて、馬券上手な人達に☆☆にされる予想をして推奨馬にしてしまった事を反省しなければなりませんね。

アドマイヤジャスタには、ある程度好走した要因が掴めていますので、次回に活かせると思いますが、隼人騎手は前日までは関東所属騎手でのリーディングジョッキーだったのですね。好騎乗・お見事です。

横山武騎手、共々ローカルでは特に信頼できる騎手だと思います。

福島のスバラシイヒビはハナ差の4着。キットサクラサクは2着は死守。ハワーマハルは10着。

敗因の検証に時間を掛けるより、推奨した理由に懺悔し事前検証にもっと精進して臨みたいと思います。

注目馬の中では、函館10Rソリストダンサーのレースには時間が取れたので的中する事が出来ました。

ソリストダンサー

 

 

 

 

今週末は、2場開催ですね。

また、仕切り直して楽しみましょう。